top of page

 
 
Detailed Biography

永井 基慎 Kishin Nagai

 

東京都北区出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、同大学器楽科を経て渡仏。(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生としてパリ国立高等音楽院にて研鑽を積み、同音楽院第一課程ピアノ科、室内楽科、伴奏科並びに、第二課程(修士)ピアノ科、室内楽科、歌曲伴奏科、ピアノ伴奏科の各科を修了。

在学中にフランス国家演奏家資格を取得したほか、Meyer財団奨学生(CD制作助成事業)に選出。

第63回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第3位及び全国大会入選。第22回宝塚ベガ音楽コンクール第3位。第34回FNAPECヨーロッパ室内楽コンクールフランス学士院芸術アカデミー賞受賞(第2位)。プロ・ムジチス国際賞2021(フランス)を審査員満場一致で受賞。パークハウス・アワード国際室内楽コンクール2021(イギリス)ファイナリスト。またそのほか、第16回リヨン国際室内楽コンクール・デュオ部門(ヴァイオリン&ピアノ)及び第21回トリオ・ディ・トリエステ国際室内楽コンクールセミファイナリスト。

これまでにピアノを岡本孝慈、加藤恭子、長尾洋史、横山幸雄、ジャック・ルヴィエ、プリスカ・ブノワ、ドゥニ・パスカル、ローラン・カバッソ、オルタンス・カルティエ=ブレッソン、フェルナンド・ロッサーノ、テオドール・パラスキヴェスコの各氏に、伴奏法をジャン=フレデリック・ヌーブルジェ、ジェラルディーヌ・デュトロンシ―、ドゥニ・コンテ、大津由美の各氏に、歌曲伴奏法をアンヌ・ル=ボゼック、エマニュエル・オリヴィエの各氏に、室内楽をミシェル・モラゲス、クレール・デゼール、エマニュエル・シュトロッセの各氏に師事。

野平一郎氏企画静岡音楽館AOI第4期ピアノ伴奏法講座修了。野平一郎、漆原啓子、河野克典の各氏に師事し、修了演奏会にて漆原啓子女史(ヴァイオリン)と共演。

第38回ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭(フランス)にレジデンスアーティスト(ヴァイオリンとピアノのデュオ)として招かれ、トリオ・ヴァンダラーの各メンバー、クリスチャン・イヴァルディ、オリヴィエ・シャルリエの各氏をはじめとする著名演奏家に師事し複数の演奏会に出演。また上記の他、マスタークラス等でこれまでにジャン=フィリップ・コラール、ジョルジュ・プルーデルマッハー、ミシェル・ベロフ、フィリップ・アントルモン、ジャン=クロード・ペヌティエ、パスカル ドゥヴァイヨンの各氏、ドイツリート伴奏の名手ハルトムート・ヘル氏、アルバン・ベルク弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンを務めるギュンター・ピヒラー氏を含む各氏より薫陶を受ける。

 

室内楽奏者・共演者としてこれまでにジャック・デルプランク(ホルン)、ヴァンサン・ダヴィッド(サクソフォン)、読響、都響、日フィル、ベルギー王立モネ歌劇場管メンバーをはじめとする国内外の音楽家と共演しているほか、ソリストとしてパリ国立高等音楽院オーケストラ(ピエール=アンドレ・ヴァラド氏指揮)、東京ニューシティ管弦楽団等と共演。

また、現代音楽作品の初演並びに録音等へのソリストや鍵盤楽器奏者としての出演や、シテ・ドゥ・ラ・ミュージック(パリ)にてマティアス・ピンチャー氏指揮のもとアンサンブル・アンテルコンタンポランとパリ音楽院の共同公演にてベリオのシンフォニア他に鍵盤楽器奏者(ピアノパート)として出演するなどその活動は多岐に渡り、これまでに東京芸術劇場コンサートホール、ウィグモア・ホール(ロンドン)、サル・コルトー(パリ)等を含む各地で演奏している。音楽祭等への出演も多く、レ・クレフ・ドゥ・サン=ピエール(トゥールーズ・キャピトル国立管メンバーによる室内楽シリーズ)マコン音楽祭、エポー音楽祭、ラジオ・フランス(フランス公共ラジオ)の音楽番組 "Générations France Musique, le live"等に出演。

録音は、Paratyよりマグダレーナ・ゲカ(ヴァイオリン)との「バルトーク:ヴァイオリンとピアノのための作品集」(蘭ルイスター誌『Luister 10』賞受賞、仏ディアパゾン誌音叉4本獲得盤)、IBS Classicalよりカルロス・サラゴサ(サックス)との「5つの韻文」等をリリース。ラジオ・フランスやスペイン国営ラジオ、ラトビア国営ラジオで取り上げられるなど高い評価を得ている。2024年にはINITIALEより、ピアノソロ・歌曲・室内楽を含むアルバムをリリース予定。

現在は演奏活動の傍ら、パリ国立高等音楽院ホルン科(ジャック・デルプランク教授及びブノワ・ド・バルソニー教授の両クラス)及びコントラバス科伴奏助手(ティエリー・バルべ教授クラス)を務める。

bottom of page